旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

NTTドコモ、キャラクターのカスタマイズ可能な多言語AI案内

2018年10月17日07時40分 / 提供:マイナビニュース

NTTドコモ(以下、ドコモ)は10月16日、タッチと音声に対応したインタラクティブな多言語AI案内サービス「おしゃべり案内板」を開発したと発表した。

同サービスは、10インチ~65インチのタブレット上で動作し、3DCGで表現される実写キャラと対話しながら、さまざまな情報を案内・受付できるというもの。キャラ・背景・対話シナリオのカスタマイズが可能で、企業や自治体のキャラクター、設置場所のイメージに合わせたコンテンツを用いてオリジナルのPRや空間演出を行うことができる。

また、回線工事やサーバ準備が不要で、空港・駅・大型商業施設・観光地などでの案内や、企業・ショールームなどの受付として利用可能。スタッフの稼働削減だけでなく、多言語(日本語・英語・中国語・韓国語)での案内によるインバウンド対応を支援する。

同サービスは11月上旬より順次、成田国際空港内ドコモワールドカウンター成田第や、高尾山、沖縄のバスターミナル、ショールームなどへ導入予定。2019年3月31日までは実証実験を行い、スタッフの稼働削減やインバウンド対応、空間演出の観点からの評価、顧客意見などのフィードバックを受け、2019年度中の商用化を目指したい考えだ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る