旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

動物に学ぶ、サラリーマンの生存術 第3回 パンダが竹食で得たかわいい丸顔と愛嬌力

2018年10月18日11時00分 / 提供:マイナビニュース

8月14日、和歌山県の人気テーマパーク「アドベンチャーワールド」で、ジャイアントパンダの赤ちゃんが生まれました。全長15.5cm、体重75gと小さめでしたが、その後の発育は順調で、一般公開と名前募集もはじまりました。
※名前募集は11月16日(金)まで

さて、かわいいパンダですが実はクマの仲間です。では、なぜクマなのに肉食ではなく竹を食べるのでしょう? この秘密をさぐると生物進化の神秘と、サラリーマンにも通用する仕事術が見えてきました。アドベンチャーワールドのパンダ飼育スタッフの新谷さんにお話をうかがいました。

○パンダが選択したのは生き残るため

アドベンチャーワールドでパンダを見られるのは、「パンダラブ」と「ブリーディングセンター」の2か所。「パンダラブ」は、ガラスなどの仕切りがなく、展示場が観客側に向かってゆるやかな斜面になっているため、パンダがいつもこちらを向いてくれるという親切設計。「ブリーディングセンター」には、これまでに15頭の子どもを作ったベテラン夫婦の永明(エイメイ)&良浜(ラウヒン)が暮らしています。

観察していておもしろいのは、やはり食事シーン。パンダたちは、竹を前足で持って口に運んでいます。

飼育員の新谷さん:パンダの食べ物は9割が竹です。竹を食べるために体の機能が進化しています。たとえば、一般的な哺乳類は5本の指がありますが、パンダの前足にはこぶのような出っ張った6本目と7本目の指のようなものがあり、片手でも竹をしっかり握ることができるのです。

クマの仲間なのに人間と同じように片手でものを握るなんて、なかなか器用ですね。一生懸命食べているようすが興味深くて、じっと見入ってしまいますが、あんなにかたい竹を食べて、口の中は痛くないのでしょうか……?

飼育員の新谷さん:とってもかたい竹をかみ砕くのに相当の力が必要なので、アゴが非常に発達し、あのような丸顔になったなどといわれているんですよ。

そう、あのキュートな丸顔は、生き残るために進化した結果なのです。それから、腰を地面にペタンとつけて座る姿勢の愛らしさ! 実は、お尻には縄張りを示すために臭いをつける器官があるので、使わないときはしっぽでふさいでから座るのです。そのため、あのような格好になるという話があります。
○パンダのように自分の居場所で輝く

動物園の人気者パンダ。肉食動物のクマなので、本来なら獲物をめぐって戦う宿命ですが、ライバルのいない竹を食べる方向へ進んだからこそ、生き延びられたのです。かたい竹でも、自分が進化してかみ砕けるようになればいいのです。サラリーマンも組織の中では無駄な争いは避け、自分の特技や持ち味を活かせるポジションを探し、自分なりの居場所を見つけるべしという教訓が得られそうです。

そして何より愛らしい見た目は、長い進化の過程を経て獲得したカタチそのもの。コロコロ体形、丸い顔、腰をペタンとつけて座る姿勢……まるで人間の赤ちゃんのよう。赤ちゃんのかわいい見た目やしぐさは、見る人に「かわいい。守りたい」と思わせる信号となり、相手から保護行動を引き出すのです。

よく、いい年したオジサンなのに、憎めないキャラの人がいます。これぞ、パンダ戦略! 愛嬌を武器に組織の中で生き残っていこうではありませんか。
○愛嬌力は笑顔から

多くのタスクを抱える現代人男女のみなさん、眉間にしわを寄せて怖い顔をして必死に働くばかりじゃダメです。忙しいときこそ、口角を上げて笑顔を作りましょう。理不尽な目にあっても、まずはニッコリ。その場を平和にやり過ごしましょう。

アドベンチャーワールドには、現在パンダが全6頭。永明&良浜のを見ては癒やされ、双子姉妹の桜浜(オウヒン)と桃浜(トウヒン)、とんがり頭の結浜(ユイヒン)はかわいい盛りです。それに、今年生まれたばかりの赤ちゃんパンダが加わったとあれば、これは行くしかありません!

●取材協力
アドベンチャーワールド
和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
0570-06-4481(代)

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る