旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Mrs. GREEN APPLE、高校サッカー応援歌に「大きな責任感じた」

2018年10月16日08時00分 / 提供:マイナビニュース

ロックバンドのMrs. GREEN APPLEが、日本テレビ系で放送される『第95回全国高校サッカー選手権大会』(12月30日開幕)の応援歌を歌うことが16日、明らかになった。

これまで、いきものがかり、FUNKY MONKEY BABYS、ナオト・インティライミ、miwa、GReeeeN、大原櫻子、家入レオ、Little Glee Monsterといったアーティストが歌ってきた、高校サッカーの応援歌。

今回、Mrs. GREEN APPLEが歌う楽曲のタイトルは「僕のこと」で、「応援歌に決まったことは純粋にとてもうれしく思いましたが、それと同時に大きな責任を感じました。自分たちは勝負に対して曲を描いてきたことがほとんどなかったので、勝敗が存在する瞬間に対して楽曲を制作するということはとても難しく、無責任な言葉はつづりたくないと強く思いました」という。

楽曲作りは「高校生活を1ページ1ページ刻んで生きている尊さを歌いたいと思い、高校生たちに誠心誠意向き合って制作させていただきました」と話し、「選手たちが 素敵だと振り返られる青春をこの曲で彩ることができたらうれしいです」とメッセージを寄せた。

日本テレビの岡本和孝プロデューサーは「バンドメンバー5人全員が20代、その若さが放つエネルギーとさわやかさが若い層の心を惹きつけ、作詞・作曲を手掛けるボーカル・ギター担当の大森さんを中心に5人が生み出す才能あふれる楽曲は、広い世代の心に響くものとなっています。そして何より、10代の頃の理想と現実をストレートに歌っている、 その世界観が全国高校サッカー選手権にぴったりだと感じました」と起用理由を語っている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る