旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

アフター5でポケモンGO! 「セレビィ」のゲットから、謎のポケモン「メルタン」の出現を考察

2018年10月24日11時24分 / 提供:マイナビニュース

●セレビィ、ゲットだぜ!
この夏(2018年)はポケモンGOのリアルイベントがたくさん行われたため、楽しいながらも疲れてしまった部分があり、ちょっと気が抜けている今日このごろです。といいつつも、ポケモンGOのイベントは頻繁に開催されるため、ポケ活に余念がないのですが。

瀬尾:あ、お久しぶりです。夢のような横須賀イベントが終了して、もう1カ月が経ちました。そろそろ、次の記事を掲載したいんですけど。

岡安:ちょうどよかった。ようやくセレビィのスペシャルリサーチが終了し、無事セレビィをゲットできたので、その話を。

瀬尾:おお、さすがです。すごく早いわけでもなく、かといってすごく遅いわけでもない。まさにグッドタイミングですね。

岡安:ああ、そうですね。速報性を重視する連載でもないので、ちょうどいいタイミングかもしれません。スペシャルリサーチはミュウのときに経験しているので、勝手知ったるって感じでした。

■スペシャルリサーチについて復習

スペシャルリサーチとは、2018年3月に実装されたゲーム内要素「ポケモンリサーチ」の1つ。スペシャルリサーチは、ポケモン博士であるウィロー博士からタスクを受け取り、様々な調査依頼を遂行していくというものです。1つのタスクを完了すると、冒険に役立つ道具がもらえたり、特定のポケモンと出会えたりといった「リワード」が受け取れます。全部で8段階のミッションで、段階ごとに3つのリサーチが用意されています。

瀬尾:実はボク、まだ2段階目で止まっているんですよ。新たに3人とフレンドになるっていうのがちょっと難しくて。ボクにはたくさん友達がいますが、ポケモンGOをプレイしている友達はほとんどいないんですよね。友達はたくさんいるんですけど。

岡安:なにその友達いるアピール。スペシャルリサーチをクリアするために、Twitterで自分のコードを公開して、フレンドを募集している人もたくさんいましたよ。

瀬尾:え、ネットで知らない人とポケモンGOのフレンドになるなんて怖いじゃないですか。ギフトから住んでいる場所がバレたらイヤだし。

岡安:タスクをクリアしたら、フレンド解消してもいいってトレーナーもいるので、そういった人を狙ってみてはどうでしょうか。最終手段としては、すでにフレンドの人とフレンドを解消し、再度フレンドになってもらうっていうのがありますね。フレンドの仲良し度は引き継がれるみたいなので、リスクもないですよ。

瀬尾:なんかインチキくさくてそれもイヤなんですよ。ポケモンGOやっている知り合いで、向こうからフレンドになってくれませんかって頼まれないかなぁ。

岡安:受け身にもほどがありますね。一生セレビィがゲットできなければいいと思います(にっこり)。でもまあ、そこで引っかかっている人は多いと思いますよ。新しいフレンドを3人登録する以外、そんなにつらいタスクは登場しませんでしたね。4段階目と5段階目で、イーブイをエーフィやブラッキーに進化させるのはちょっと面倒でしたけど、運要素があるわけではなかったので。

瀬尾:そうなんですね。ミュウのスペシャルリサーチでは、メタモンとゴーストタイプのポケモンを捕まえるタスクがきつかったです。メタモンが化けている可能性のあるコラッタやポッポを何匹捕まえたことか!

岡安:あと、ミュウのときと同様、セレビィのスペシャルリサーチでかなり苦戦したのは、カーブボールでエクセレントスローを1回投げるタスクですね。

瀬尾:カーブボール自体うまく投げられないので、これはきつい。

岡安:大きなポケモンを捕獲するときだと、エクセレントスローが出やすいのですが。レイドバトルの伝説ポケモンや、普通のポケモンだとホエルコとか。

瀬尾:伝説ポケモンも空を飛んでいると難しいんですよね。ホエルコは伝説じゃないけど、なかなか出現しないし。

岡安:ポニータとかドンメルとかも、ボールを投げやすくて、エクセレントスローを出しやすかったですよ。よかったら試してみてください。

瀬尾:わかりました! で、セレビィはどうだったんですか?

岡安:ゲットするとき、ARモードを使ってみたんですけど、セレビィは小さくてボールを当てにくかったです。ゲットしたセレビィは、すごくいい個体値ってわけでもなかったですね。

瀬尾:積極的にバトルへ参加させるタイプのポケモンではないので、強さは重視しなくてもいいのでは? それよりも、ボクはフレンド3人をなんとかしないと。

岡安:とりあえず、ひさびさのスペシャルリサーチでみなさん楽しめたのではないでしょうか。

●謎のポケモン「メルタン」の出現と、ユーザーの大混乱
○結局「メルタン」ってなに?

瀬尾:そういえば、この前のコミュニティ・デイから謎のポケモン、メルタンが出現するようになりましたね。捕まえるとメタモンになってしまうようですが……。

岡安:たぶん、今は布石みたいなものなんでしょうね。そのうち詳細がわかるのではないでしょうか。

■メルタン騒動について

2018年9月22日に行われたイベント「コミュニティ・デイ」のあと、名前が「?????」となっている謎のポケモンが各地で大量に出現。運営からのアナウンスもなく、ユーザーは大混乱に陥りました。?????は捕まえるとメタモンになってしまうため、バグを指摘するユーザーもいましたが、その数日後にポケモンの公式サイトで、?????は新種の幻ポケモン「メルタン」であることが明かされました。10月11日には、メルタンを探すスペシャルリサーチが2018年冬ごろに登場することが発表されています。

○EXレイドバトルはデオキシスに

瀬尾:うーん、なんか知ってそうな口ぶりですけど、待つのがいい感じですね。あと、最近のトピックとしては、ドルトムントとシカゴと横須賀で行われたグローバルチャレンジのボーナスで、レイドバトルにミュウツーが出るようになりましたね(2018年10月23日まで)。これまでミュウツーは招待制のEXレイドバトルでしかゲットできなかったので、かなり捕まえやすくなりました。

岡安:かわりにEXレイドバトルはデオキシスになったようですね。EXレイドパスを獲得するために、レイドバトルを頑張らねば。

瀬尾:あと、グローバルチャレンジのボーナスとして、ギフトでもらえる7kmタマゴから、カモネギ、ガルーラ、バリヤード、ケンタロスなど、特定の地域でしか出現しないポケモンが生まれるようになりました(2018年10月15日の時点で、ボーナス期間は終了しています)。もはやカントー地方のポケモン(151種類)をコンプさせる気満々ですね。

岡安:いやいや! 出るといってもそんなに高い確率ではないようです。私はもう7kmタマゴを20個~30個くらい孵化させてますけど、地域限定ポケモンはカモネギ1匹だけですから。

瀬尾:よりによってカモネギ(カモネギはアジア限定のポケモンなので、日本でもゲットできる)。

岡安:先日、知り合いにケンタロスを交換してもらって、カントー地方のポケモンをコンプリートしたのですが、それがなかったら荒れまくってましたよ!

瀬尾:まあボクはすでにガルーラ、バリヤード、ケンタロスを7kmタマゴでゲットできたので関係ありませんね。

岡安:瀬尾さんはそういうところありますよね。

瀬尾:どういうところですか? そういえば、次のイベントは台湾の台南市でサファリゾーンですね。11月1日から5日まででしたっけ。

岡安:ジーランスが出るようです。あとアンノーンも。今回はどの文字なんでしょうね。

瀬尾:気になりますよね。どんな文字だったか教えてくださいね。

岡安:え? 行きませんよ。渡航費出してくれるなら考えますけど。

瀬尾:そんな予算があれば自分で行きますって。まったくもう。

岡安:まったくもうはこちらのセリフですよ。また日本でもイベントがあると思うので、そっちに注力します。

瀬尾:そうですね。では、また次回!

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る