旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『仮面ライダーアギト』が定めた平成仮面ライダーの道筋--予定調和を廃した群像ドラマの魅力

2018年10月14日08時16分 / 提供:マイナビニュース

平成仮面ライダーシリーズの20作目を記念した『仮面ライダージオウ』(2018年)がただいま好評放送中だ。18歳の高校生・常磐ソウゴは50年後の未来において、世界を破滅させる"最低最悪の魔王"オーマジオウとして暴威をふるうことになると、未来人のツクヨミから聞かされる。しかし「人々を幸せにする」「世界を良くしたい」という思いゆえに「王様になる」と夢見ているソウゴは、ライドウォッチを手にして仮面ライダージオウに変身した。最低最悪の魔王ではなく、最高最善の王になるために……。

シリーズの第1作『仮面ライダークウガ』(2000年)から、第19作『仮面ライダービルド』(2017年)までの"時代"をめぐるという『仮面ライダージオウ』では、歴代の平成仮面ライダーのキャラクターがゲスト出演することでも話題を集めている。さらに12月22日より『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』と題されたスペシャルな映画の公開が控えている。そこで、ここからは平成仮面ライダーシリーズ19作品の概要および周辺の出来事を振り返り、『仮面ライダージオウ』に至るまでの20の"時代"の変遷をたどってみることにしたい。

関連してるっぽい地図

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る