旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ヤマト、ベルヘリコプターと無人輸送機開発 - 「空飛ぶ輸送」実現

2018年10月15日06時45分 / 提供:マイナビニュース

米国ベルヘリコプターとヤマトホールディングスは10月12日、将来の新たな空の輸送モードの構築に向けた協力を行っていくことで合意したと発表した。

両社は、eVTOL機(Electric Vertical Take-Off and Landing:電動垂直離着陸機)を活用した物流領域においてグローバルリーダーを目指し、2020年代半ばまでにこれを実用化する予定。

ベルヘリコプターは、ポッド(外装式輸送容器)を搭載するAPT(Autonomous Pod Transport:自律運航型ポッド輸送機)の設計、開発、製造を主導する。

ヤマトホールディングスは、これまで培ってきた幅広い物流業務におけるノウハウを生かしたポッドを開発する。

ベルヘリコプターのAPTはテイルシッター型のペイロードポッドを搭載するほか、時速100マイル(時速160km)以上の速度で飛行する。最大積載量は15ポンド(7kg)で、大型機では1000ポンド(453kg)の積載量になる。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る