旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

新CPUで狙うは「e-Sports」と「クリエーター」 - インテル テクノロジー・ショーケース

2018年10月12日15時29分 / 提供:マイナビニュース

インテルは10月11日、インテル テクノロジー・ショーケースを開催。新しい技術の紹介と共に第9世代インテルCore iシリーズのデスクトップ製品を発表しました。

インテル 執行役員 マーケティング本部長の山本専氏は2018年6月のプレスセミナーの際に紹介した「世界のPCトレンド」のスライドを引用。現在インテルが注力している4つの分野のうち、e-Sportsとコンテンツ制作という2つのハイエンド市場に向けた新製品を発表しました。

「若者のPC離れ」のような言葉が出ているPC業界ですが、勢いがあるのがゲーミングPCで、10万円を超える高い製品ながら売り上げを大きく伸ばしています。また、コンテンツ制作分野でも早く作業を終えられるハイエンドCPUを搭載したPCはプロのみならず、プロシューマーや一般クリエーターにおいても買替サイクルが短いと言います。

クリエーター向けにはインテルXeon W-3175Xプロセッサを紹介。これは28コア56スレッドという超大量の処理能力を持ちます。

ゲーマー向けには第9世代のCore iプロセッサを紹介しました。もっともハイエンドのCore i9-9900Kプロセッサは(Core Xシリーズではない)量産CPUとして初の5GHzを達成した8コア16スレッドのCPUです。

さらにCore Xシリーズプロセッサと合わせて合計11製品を紹介しました。発売はCore i9-9900K/Core i7-9700K/Core i5-9600Kプロセッサは先行予約を開始、コンテンツ製作プラットフォーム向けのCore Xシリーズ Core i9-9980XE/9960X/9940X/9920X/9900X/9820X/Core i7-9800Xは11月に提供を開始します。

コンピューティングパワーの必要な28コアのXeon W-3175Xは12月から提供を開始します。今回発表されたCoreシリーズはすべてオーバークロック制限のない「アンロック製品」となっています。

今回はデスクトップ用とはいえ、ゲームが早く快適にという点を強くアピール。これはいままでのCPU発表会にはなかったポイントでした。9月に秋葉原で行われたイベントも「PCがあるとゲームはもっと楽しくなる。」をテーマにしていました。今後のコンシューマー向けイベントはしばらくe-Sportsを絡めた感じになりそうです。
○ハンダ「復活」で冷却効率をアップ。ターボブースト時間を延長

続いてインテル 執行役員常務 技術本部 本部長の土岐英秋氏が新製品の技術的な側面を紹介をしました。

今回紹介された製品はすべて極めて高い性能を持っていますが、ゲーマー向けに設計されたデスクトップ向け第9世代Coreプロセッサファミリーは最大8コア16スレッドと定格3.6GHz、インテルターボブースト2.0使用時5.0GHzを実現しています(Core i9-9900Kの場合)。PCIeは40レーン、メモリはDDR4-2666MHzが2chとなっています。

従来の300シリーズチップセットにZ390チップセットを新たに加えました。もちろんOptaneメモリーとOptane SSDにも対応。Z390ではUSB 3.1 Gen.2をネイティブでサポートしている点も特徴です。

ターボブーストをうまく働かせるためには放熱効率を上げる必要がありますが、今回のCPUではSTIM(Solder Thermal Interface Materialの略)を復活させました。CPUはダイの上にヒートスプレッダが付いていますが、この隙間をハンダで埋めたのがSTIMです。

以前のCore iシリーズもSTIMでしたが途中からTIMの素材がグリスに変わっていました。それが、今回パフォーマンスアップのために復活しています。冷却がうまくできれば、より長い時間ターボブーストが機能するので、STIMになったのは魅力的でしょう。

また、Xeon W-3175Xと(8コア以上の)Core Xシリーズは、メッシュアーキテクチャを採用しています。コア数が増えても効率が落ちにくい設計です。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る