旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Swiftが10位入り - 10月開発言語人気ランキング

2018年10月09日16時52分 / 提供:マイナビニュース

TIOBE Softwareから、2018年10月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。TIOBE PCIは、複数の検索エンジンの検索結果から、対象となるプログラミング言語がどれだけ話題になっているかをインデックス化したもの。

2018年10月におけるインデックスは次のとおり。

このところ、TIOBE Programming Community Indexは1位から9位までは比較的安定している一方、10位は毎月入れ替わる傾向が続いている。これまではRubyとPerlが10位争いを行っていたが、最近ではSwift、R、Goが10位争いを行っている。しかし、これらの言語が今後10位に入り続けるかは不明と説明している。

Swiftはモバイルアプリのプログラミング言語として人気があるものの、最近ではAndroidとiOS向けの双方のモバイルアプリを開発できる環境に人気が移りつつある。RはPythonと競合しつつあるし、Goは他のプログラミング言語と比較して特徴がわかりにくいと指摘されている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る