旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

NTT Com社長が語る、DXが創造する未来とは

2018年10月09日11時01分 / 提供:マイナビニュース


NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2018年10月4日~5日、プライベートイベント「NTT Communications Forum 2018」をザ・プリンス パークタワー東京にて開催した。本稿では、10月4日に行われたNTTコミュニケーションズ 代表取締役社長 庄司哲也氏による基調講演「デジタルトランスフォーメーションが創造する未来」の様子をお届けする。

○DXが実現された未来の姿とは

イノベーションの創出やディスラプターへの対処に向けて、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性を理解していながらも、DXが実現された未来が想像できず、何から取り組めばよいのかわからないと頭を抱える企業は多い。こうした状況を踏まえて庄司氏は「NTT Comは、DXの実現を手助けする"DX Enabler"としてありたい」としたうえで、DXが実現された未来の姿として、「マーケティング」「ビジネスプロセス」「ワークスタイル」の3つに分けて紹介した。
○マーケティング

まず庄司氏が紹介したのは、マーケティング。DXが進むことで、人々の生活に関するあらゆるデータはライフログサービスに保管されるようになる。そして、このライフログが任意で企業に提供されることで、企業は個人のデータをもとに人々が潜在的に求める製品・サービスの開発が可能になる。

庄司氏は、「DXが進むことで、マーケティング本来の意味である市場の創出を行っていけるようになる」とする。

講演中に紹介された動画では、個人の体調や嗜好に合わせたパーソナルサプリメントの提供が例としてあげられていた。DXによって、少量・多品種でパーソナライズされた商品を提供することが大規模に行われるようになっていくというわけだ。
○ビジネスプロセス

続いて重要となるのは、これを実現するビジネスプロセスだ。クラウドファンディングで資本を集め、自身のアセットを利用して事業を起こす流れが現在でもあるように、今後は何らかのプラットフォームを通じてビジネスアイディアを発信し、資金やパートナーを世界中から募集。プラットフォームにてアセットを管理し、最適なバリューチェーンを設計するような流れが出てくるだろう。このようにBtoB的な連携が進み、エコシステムが形成されていくことで、上記で紹介したようなパーソナライズされたマーケティングが求められる時代に的確に対応できるようになる。
○ワークスタイル

こうして多数のパートナーやステークホルダーとビジネス連携が必要となってくる時代には、個々人に複雑でマルチな働き方が求められるようになる。そこで鍵となるのが個人のワークスタイルだ。講演では、自分の複数のアバターを割り当てて同時刻に別の会議へ出席させる様子が動画で紹介された。判断や交渉が必要なタスクがある場合は本人が対応するが、ルーチンの業務には自身の経験をもとに判断できるデジタルクローンが対応することで、人間は想像力が求められる仕事に集中することができる。

「こうすることで、生産性を向上させながらもワークライフバランスを実現させることができ、介護や育児にあてる時間を確保することが可能となる」(庄司氏)

●DXを実現するデータ流通プラットフォーム
先に紹介したような未来を実現するためには、デジタルデータの利活用が必須となり、データの収集・蓄積・分析に必要なデータ流通プラットフォームが求められる。NTT Comではこうしたプラットフォームの提供に向けた取り組みを進めており、庄司氏はその詳細について紹介した。

○柔軟なアーキテクチャ

データ流通プラットフォームに求められるものは、必要な機能を適切に配置し迅速に利用できる柔軟なアーキテクチャだ。NTT Comはこれまでに、SDx+Mソリューションを通じて、IT環境をフルレイヤーでマネジメントするソリューションを提供してきた。今後はこれをさらに発展させ、仮想化されたさまざま機能を最適な場所へ自動で配置するというマルチオーケストレータ機能を提供していきたい考えだ。庄司氏は、NTTグループが提唱している複数レイヤーを跨がるICTリソースを提供・管理する技術「コグニティブ・ファンデーション」のもと、インフラや機能の配置先としてプライベートクラウドからハイブリッドクラウド、端末に至るまでフルスタックで対応していく構想を語った。

○豊富な機能のラインナップ

NTT Comのプラットフォームの特徴として、豊富な機能のラインナップがあげられる。たとえば、ゲートウェイ端末にセンサデータを収集する機能を配置するだけで新たなデータ収集を開始できる機能を活用することで、工場のIoT化における他拠点への展開が容易となる。またより高度な分析のために、従来のデータに加え、音声や映像データなども収集するようなニーズに対しては、従来はネットワーク帯域や機器構成を見直さなければならなかったが、これも同プラットフォームを利用することでより容易に実現可能となる。庄司氏は「物理的な工事なしに多様なデータ収集が実現できる」と自信を見せる。

また昨今では、さまざまな業界において、売り切り型からサブスクリプション型のビジネスモデルへと以降しつつある。サブスクリプション型の特徴のひとつに、サービスが提供される限りエンドユーザとの関係が継続するということにある。しかし、サブスクリプション型のビジネスモデルを採用するにあたっては、受注管理や顧客管理、問い合わせ、課金決済などさまざまな対応が必要となる。NTT Comが開発を進めるプラットフォームでは、これらサービタイゼーションに求められる機能を適切にかつ容易に組み合わせて使うことができるという。

「必要な機能を必要な時・場所でセキュアに利用できる」(庄司氏)

○セキュリティ

DXが進むということは、内部によるデータ持ち出しや、各センサへの外部からのアクセス、センサの悪用によるデータ傍受などのリスクも増大するため、これらの防御策についてもしっかりと考えていく必要がある。NTT Comが開発を進めるプラットフォームには、暗号化機能をチップに実装できるeSIMの機能や、IoTゲートウェイなどのエッジセキュリティ、秘密分散技術など、豊富なセキュリティ機能が搭載される予定だ。現在は、実証実験を進めているところだという。

また、セキュリティに関連して、自社が保有するデータの状態を確認したいというニーズも多い。一般的なパブリッククラウドでは、どの国のどのデータセンタにデータが保存されているか正確に把握することはできないが、NTTでは顧客が選んだ場所以外でデータが保管されることはないという。さらに、IoTデバイスやゲートウェイ端末などによる通信も、CMPで一元的に可視化され、リアルタイムで通信経路の状態を把握することができる。これにより、GDPR(EU一般データ保護規則)などへの制度対応も容易となる。

このプラットフォームは、来年度の提供開始を目指して開発が進められているところだという。庄司氏は最後に「DXを掛け合わせて新しいDXを作り出し、新しいプラットフォームを実現していくことで、社会課題を解決し、より豊かな未来を実現していきたい」と語り、講演を締めくくった。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る