旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

本仮屋ユイカ、魔性の秘書役で中山美穂から「もう!憎たらしい!」

2018年10月04日06時00分 / 提供:マイナビニュース

女優の本仮屋ユイカが、フジテレビ系ドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(11日スタート、毎週木曜22:00~)に出演することが決まった。魔性の秘書役を演じる。

弘兼憲史氏の漫画が原作の同作は、人生の折り返し地点を通り過ぎた男と女が図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋、その恋を取り巻く大人たちの人間ドラマを描くもの。主人公のエリート銀行員・瀧沢完治を佐々木蔵之介、その献身的な妻・真璃子を中山美穂、完治が運命の恋に落ちてしまう女性・目黒栞を黒木瞳が演じる。

そんな中で、本仮屋が演じるのは、完治の秘書・篠田薫。完治に淡い恋心を抱き、働き詰めの完治のことを常に気にかけている役柄で、“妻子ある上司を好きになってしまう”という許されない思いを内に秘めた切なさに加え、完治の妻・真璃子役を演じる中山との張り詰めた共演シーンにも注目だ。

そのシーンについて、本仮屋は「撮影が終わった時に『もう! 憎たらしい!』と言いながらパンチするようなしぐさを中山さんがしてくださって。私のお芝居に対してのリアクションだと思うと感激でしたし、その様子がとてもかわいらしくて同性ながら胸ときめきました」と回想。“既婚者の上司へ思いを寄せる”という役は初めてながら、「演じながら『自分にこんな感覚があったのか!?』という新鮮な驚きもあった役でした」と感想を述べた。

高田雄貴プロデューサーは「“ユリの花のような人が大胆に好きだと言ってくれたら、そのギャップに男はかなり揺らぐだろうな…”という思いから、本仮屋さんにお願いさせていただきました」と起用理由を明かし、「破壊力抜群で、現場で男女問わずスタッフが『かわいー』と声が漏れてしまうほどでした」と絶賛している。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る