旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

まるでSF映画! 笛を吹くとタクシーがやってくるIoTデバイス

2018年10月03日17時50分 / 提供:マイナビニュース

三和交通は10月3日、笛を吹くとタクシーがやってくるIoTデバイス「タクシーホイッスル」を発表した。クラウドファンディング「Makuake」で10月3日より募集を開始する。クラウドファンディングのコースは税込2,450円から。

タクシーホイッスルは、その場にタクシーを呼び出すためのデバイス。ホイッスルを吹くと実際に笛が鳴るとともに、付近を走るタクシードライバーに位置情報を伝送。それを確認した空車のタクシーが、笛を吹いた場所までやってくる仕組み。

使用するには、専用アプリをダウンロードしたiOS端末/Android端末とタクシーホイッスル本体をBluetoothでペアリングさせておく必要がある。使用の際は、スマホでアプリを起動しておく必要はない。ホイッスル本体のボタンを長押しすることで、笛を吹かなくてもタクシーを呼べる。

通常デザインのほか、100個限定のMakuake限定デザインモデルも用意。どちらもキャップとストラップが付属する。本体サイズはW25×H73mm。対応OSはiOS 10.03以降、Android 5.1以降。

利用可能エリアは、三和交通グループがサポートする横浜東京埼玉エリア。詳細は以下の通り。

横浜エリア:港北区都筑区鶴見区緑区神奈川区西区旭区中区(港北区以外は一部非対応エリアあり)。
東京エリア:八王子市府中市国分寺市小金井市国立市(一部)、調布市(一部)、小平市西東京市(一部)、東久留米市小金井市
埼玉エリア:和光市朝霞市志木市新座市富士見市上福岡市ふじみ野市三芳町川越市(一部)

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る