旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

西畑大吾、初の一人暮らしで「実家の素晴らしさを…」 意外な素顔も告白

2018年10月03日07時00分 / 提供:マイナビニュース

関西ジャニーズJr.の西畑大吾が1日、都内で行われたカンテレ・フジテレビ系ドラマ『僕らは奇跡でできている』(10月9日スタート、毎週火曜21:00~)の制作発表会見に、主演の高橋一生、榮倉奈々、要潤、児嶋一哉(アンジャッシュ)、戸田恵子、小林薫と共に出席した。

高橋演じる生き物のフシギに目がない変わり者の大学講師・相河一輝の日常を描く同ドラマ。西畑は、相河の教え子の大学生役で、イケメンなのに少し天然な新庄龍太郎を演じる。これまで『ごちそうさん』や『あさが来た』といった朝ドラに出演してきた西畑だが、今作でゴールデン帯連続ドラマへの初出演を果たす。

タイトルにちなんで、自分は何でできているか聞かれると、西畑は「僕は実家でできています」と回答。「このドラマの撮影期間中はマンスリーマンションを借りていただいていて、初めて一人暮らしをしているんですけど、改めて実家の素晴らしさに気付く機会が多くて、母の手料理だったり、家に帰ったらお風呂ができていて、掃除もされていて、そういう幸せを…」と初めての一人暮らしで実家の素晴らしさを実感しているそう。

「自分でしていかないといけない年になったんだなと。でも今は甘えていたいので実家かな」と西畑。だが、両親からは「早く出て行け。早く一人暮らしせえ」と言われているという。また、母の手料理について「お母さんが作るミートソーススパゲッティーが好きで、すごくおいしいんです」と明かした。

ドラマにたくさん動物が登場することから、自分を動物に例えるなら何かと聞かれると、西畑は「ナマケモノ」と回答。「僕一応21歳アイドルなんですけど、家ではファンの方に見せられないくらいだらけているんです。ゆるゆるのだらだらで、動画サイトを最高5時間くらいソファーで見ていたり、ずっと動かないんです。それでお母さんに怒られたりするんですけど、そういうところがあるのでナマケモノかな」と説明した。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る