旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

稲垣・草なぎ・香取、新潟でパラスポイベント参加! 生歌披露に2,300人歓声

2018年09月29日15時09分 / 提供:マイナビニュース

ファンサイト「新しい地図」を立ち上げ活動している元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が29日、新潟万代シテイにてNSTまつり2018「日本財団パラリンピックサポートセンターpresents 稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾×パラアスリートスペシャルトーク」公開生放送を行った。

今年で15回目を迎える新潟総合テレビによる「NSTまつり」。今年は開局50周年を記念し、日本財団パラリンピックサポートセンター(パラスポ)のスペシャルサポーターを務める稲垣、草なぎ、香取を招いてのパラスポーツ体験イベントが行われた。3人が新潟を訪れたのは2006年8月以来12年ぶり。

3人が登場すると2,300人のファンから大歓声が沸き起こり、稲垣が「新潟のみなさんこんにちは。お久しぶりです。元気にしていましたか?」と問いかけると再び大きな歓声が。草なぎは「パラスポの魅力を届けていきたい」と語り、先日パリのルーブル美術館で初の個展がスタートした香取は「パリから新潟に来るしかないと思いました」と話して新潟のファンを喜ばせた。

3人は、パラスポーツを実際に体験。草なぎはパラ・パワーリフティングで60キロを持ち上げ、稲垣は車いすバスケットボールでシュートを決め、香取は大好きだというボッチャを楽しそうに体験した。

また、北京パラリンピック、リオパラリンピックの陸上男子走り幅跳び銀メダリストの山本篤選手とのトークコーナーも。挑戦し続ける山本選手の姿に、3人はあきらめないことの大切さを感じたよう。草なぎが「すぐあきらめちゃうからな」と言うと、稲垣は「あきらめてなかったよ」と直前に草なぎが挑戦したパワーリフティングを振り返って声をかけた。

さらに、パラスポーツ応援ソング「雨あがりのステップ」を披露。イベントに参加したパラスポーツ選手たちもステージで一緒に歌い、会場は一体感に包まれた。

稲垣は「久々にみなさんにお会いすることできてうれしかったですし、最高の思い出をつくることができました」と笑顔であいさつ。草なぎは「2020年のパラリンピックが近いんだなと実感できました。今日新潟からパラスポーツの素晴らしさを広めることができて、みなさんありがとうございました」と感謝し、香取は「今日は新潟に呼んでいただいてうれしく思っています。2020年までにもっともっとパラスポーツに興味を持っていただいて、みんなでパラリンピックを盛り上げていけたらなと思います」と誓った。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る