旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Google、Chrome 70に自動サインインを回避する設定を追加

2018年09月28日11時25分 / 提供:マイナビニュース

Google Chromeチームは9月26日(米国時間)、「Product updates based on your feedback」において、次のリリースバージョンとなるChrome 70から、GoogleサイトおよびGoogle Chromeへのサインインの挙動を変更するためのオプションを導入すると発表した。

これは、Chrome 69で導入したGoogleサイトへのサインインに関する挙動に対してユーザーから寄せられた意見を反映してのことだという。

Chrome 70では、GmailなどのGoogleサイトにサインインした際に、Google Chromehへサインインするかどうかを設定で変更できるようになる。また、サインインした時に同期するかどうかも、UI/UXを変更して今よりもわかりやすくするとしている。

Gmailなどのサイトにサインインした段階で自動的にChromeへサインインする挙動は、基本的にChromeにサインインした状態でChromeを利用している場合は便利だが、そうでない場合には毎回サインアウトの処理を行うことになる。また、Googleサービスの囲い込みが強化されることにつながるとして、こうした動きを敬遠する向きもある。Chrome 70ではそうしたユーザーの要望に応えることになる。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る