旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

鈴木保奈美、織田裕二との撮影日に『東ラブ』再放送「ひどい仕打ち」

2018年09月27日05時00分 / 提供:マイナビニュース

俳優の織田裕二と女優の鈴木保奈美がこのほど、フジテレビ系月9ドラマ『SUITS/スーツ』(10月8日スタート、毎週月曜21:00~ ※初回30分拡大)の共演シーンを初撮影した。

撮影が行われたのは、奇しくも2人が27年前に共演した『東京ラブストーリー』の再放送がフジテレビでスタートした、今月14日。2人は、ドラマ撮影前の8月に台本の読み合わせや立ち稽古で、『東ラブ』以来の再会を果たしているが、都内の同局湾岸スタジオでのセット撮影で鈴木がクランクインし、今作の共演シーンは初めてとなった。

この日の2人の共演は1シーンのみで、第1話で織田演じる主人公の甲斐正午が、ある争いごとを有利に運ぶために取った行き過ぎた行動を、甲斐の上司である鈴木演じる幸村チカがたしなめるという場面。撮影前のリハーサルでは、互いの演技プランを披露し合いながら、回数を重ねるごとに芝居の精度を高め合い、27年ぶりの共演とは思えない“あうんの呼吸”を見せていた。

久々の共演を終え、織田は「昔から一緒にお芝居するのが楽しい方です。『東京ラブストーリー』の頃もそうでしたけど、打てば響いてくださる方で、コメディもできる方だと思いますし、知的だしキュートだし、27年前と全然変わっていない上に、大人としての知識や経験が加わって、やっぱりステキな女性です」と感想。

一方の鈴木は「織田さんが気を遣ってくださって、撮影の状況などを説明してくれました。裏話のようになってしまうのですが、台本に書かれていることを役としてそのまま演じ合うのと、演じられる相手の俳優さんがどういう考えやバックグラウンドを持ってお芝居をされているのかを理解した上で共演するのとでは全然違うということに、あらためて気づかされました」と振り返った。

撮影の合間には2人で談笑もしていたが、織田は「保奈美さんも、絶対的に原作の『SUITS』を愛していらっしゃるんですよね。原作の世界観も十分に理解されているので、保奈美さんに対して全く心配な点がないです。27年前と全く変わらず、僕にとって保奈美さんは同じ作品を作る上での“戦友”です」と信頼。鈴木も「織田さんの今回の作品に対するスタンスや思い入れを、ひしひしと感じました。織田さんは原作のアメリカ版『SUITS』をとても熱心に研究されていて、私同様に何よりも原作ドラマのファンでした」と確かめ合ったようだ。

東京ラブストーリー』の再放送については、織田は「デジタル化される前に撮影した作品ですから、映像も粗いし、どうなるんだろうと思っていましたけど(笑)、思ったよりも左右の黒みが少なくてホッとしました。あの頃は今と比べると、カット割りも単純でしたね。衣装に関しては、個人的には昔から定番に近いものをチョイスしていたので、もちろん今と“流行り”は違いますけど、“おしゃれさん”をやってこなかった分、それほど違和感がなかったかもしれません(笑)」と苦笑い。

対する鈴木は「セットの撮影中に、控室のテレビでビフォー(27年前の『東京ラブストーリー』)、アフター(現在撮影中の『SUITS/スーツ』)を、リモコンのボタン1つで切り替えられるなんてひどいですよね(笑)。個人的に、自分自身の過去の作品を見返すことはないので、こんな仕打ちを受けるなんてとショックです(笑)。よりによって、クランクインの日が『東京ラブストーリー』再放送の初回とかぶるなんて(笑)。今日がクランクインということで、実は朝の4時に起きてしまうくらい緊張していたのに、本当にひどい仕打ちです(笑)」と恨み節だった。

(C)フジテレビ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る