旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

美川憲一のありえない体勢での歌唱に爆笑「意味が分からない」

2018年09月26日07時00分 / 提供:マイナビニュース

フジテレビに残るお宝音楽映像を発掘する特番『名曲お宝音楽祭』が、きょう26日(19:00~21:54)に放送される。

今回紹介されるのは、1970年放送の『歌うロマンススタジオ』と78年放送の『夜のヒットスタジオ』でそれぞれ披露した、石原裕次郎さんによる今日ではめったに見られない歌い方に、80年放送の『夜ヒット』で「YOKOHAMA HONKY TONK BLUES」を歌う当時30歳とは思えぬ松田優作さん。

不測の事態でミイが1人で歌うピンク・レディーの「渚のシンドバット」や、キャンディーズのラストコンサート前日での中継映像、そんなピンク・レディーとキャンディーズがまさかのコラボレーションをしてのメドレーも登場する。

さらに「フジテレビに残る名曲のカバー」と題して、美空ひばりさんが「ラヴ・イズ・オーヴァー」を、松田聖子が「あなた」を、森進一が「見上げてごらん夜の星を」を歌うシーンに、近藤真彦、シブがき隊、少年隊の「フジテレビに残るジャニーズお宝映像」、めったにテレビに出演することのなかったZARDの映像も発掘した。

また、山口百恵さんが引退前、フジテレビ最後の出演で「さよならの向こう側」を歌唱した映像に、出演者一同「すごい映像でした…」と感動。86年放送の『オレたちひょうきん族』で荻野目洋子が仰天の演出で歌う「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」には「こんなに歌を邪魔しているのは初めてみました(笑)」と反応し、70年放送の『リクエスト・スタジオ』で、視聴者からの予想外すぎるリクエストに応えて、ありえない体勢で歌う美川憲一の姿に「意味が分からない(笑)」と、一同爆笑してしまう。

MCのさまぁ~ず・三村マサカズは「自分の世代より前の映像を見ても良いなって思う。なので、ぜひ若い方に見て欲しいですね。感動あり、笑いあり、そして本当にみんな、かっこいいです」、大竹一樹は「なつかしい映像を見たという感じじゃないですね。素晴らしい発見がある番組だと思います」と感想をコメント。

松本祐紀プロデューサーは「誰もが耳にしたことがある名曲ぞろいで、映像からはその時代の雰囲気と言いますか、パワーが本当に伝わってきます!! ぜひ全世代の方に楽しんでいただきたいです」と見どころを語っている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る