旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

老舗洋食屋「グリル佐久良」の30歳シェフ、亡き祖父への思い

2018年09月25日16時00分 / 提供:マイナビニュース

きょう25日(23:35~)に放送されるカンテレ・フジテレビ系番組『セブンルール』では、東京・浅草の老舗洋食屋のシェフに密着する。

さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、彼女たちが決めている7つのルールを掘り下げていく同番組。今回登場するのは、創業51年の人気洋食屋「グリル佐久良」の厨房を1人で守り続ける荒木優花さん(30歳)だ。

「グリル佐久良」は荒木さんの祖父母が夫婦で続けてきた店で、荒木さんにとっては小さな頃から慣れ親しんできた遊び場。高校卒業後、祖父の元に弟子入りしたが、その後祖父が病に侵され他界し、22歳という若さで彼女が店を継ぐことになった。

現在は荒木さんが店のメニュー約30種類を全て1人で調理。看板料理のビーフシチューは、創業当初からのデミグラスソースを注ぎ足して使い、祖父の味を頑なに守り続けている。接客を担当する78歳の祖母・幸枝さんとは日々ケンカも絶えないが、互いに言いたいことを言い合う、微笑ましい関係だ。

プライベートでは意外な趣味や独特の寂しさ解消法も披露。大好きだった祖父の味を守るため、日々奮闘する若きシェフの姿を追う。

スタジオでには荒木さんの料理が登場し、「サイコー!」「本当に美味しい!」という声が口々に。荒木さんと祖母の関係性、そして亡くなった祖父への思いを垣間見た青木崇高は「良い物語を見せてもらった」と、率直な感想を語る。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る