旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

プレステも「ミニ」に。「プレイステーション クラシック」が12月3日発売

2018年09月19日16時08分 / 提供:マイナビニュース

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは9月19日、初代プレイステーションのデザインを小型化し、ゲームタイトル20作品を収録した「プレイステーション クラシック」を発表した。12月3日に数量限定で発売し、希望小売価格は税別9,980円。

初代プレイステーションは1994年12月3日に発売された家庭用ゲーム機。当時として高い3D性能や記録媒体にCD-ROMを採用するなど、以降のゲーム業界に大きな影響を与えた。

「プレイステーション クラシック」は、初代プレイステーションの筐体やコントローラの外観、外箱のパッケージなどのデザインをそのままに小型化。筐体サイズは縦横で約45%、体積で約80%コンパクトになっている。

収録するゲームタイトルは20種類で、現在公開されているのは、「R4 RIDGE RACER TYPE 4」(バンダイナムコエンターテインメント)、「JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻」(SIE)、「鉄拳3」(バンダイナムコエンターテインメント)、「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」(スクウェアエニックス)、「ワイルドアームズ」(SIE)。

コントローラは2つ同梱。インタフェースとしてHDMIと電源用のUSB Micro-Bを備える。画面出力の解像度は720pもしくは480p。本体サイズはW149×D105×H33mm。重さは本体が170g。コントローラが140g。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る