旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ANA、快適なヒコーキの旅を目指して「時差ボケ調整アプリ」開発へ着手

2018年09月14日17時17分 / 提供:マイナビニュース

ANAホールディングス(以降、ANAHD)は9月14日、ANAグループの新たな挑戦となる「ANA Travel Wellness 乗ると元気になるヒコーキ」プロジェクトを本日より始動することを発表、その取り組みの第一弾として「時差ボケ調整アプリ」の開発に着手する。アプリの提供時期は、2019年4月よりのサービス開始を目指している。

「乗ると元気になるヒコーキ」という着想は、現在ANAHD相談役の大橋洋治氏がANA社長時代に発案し、その後ANAグループで様々な角度から検討されてきたものだがプロジェクトのサービス第一弾として提供されるのが「時差ボケ調整アプリ」だ。

長時間の国際線のフライトにおいて、時差ボケや睡眠不足などが疲労蓄積に繋がると一般的に考えられているが医科学的根拠を解明するため、ハーバード公衆衛生大学院社会行動科学学部学部長のイチロー・カワチ教授らの研究グループと協力し、利用者の時差ボケに対する意識調査や日常の行動と時差ボケの関連性を研究した結果、疲労を感じる一番大きな要因が「時差ボケ」であること、また、時差ボケは「音・光・食事」とも高い相関が存在することが判明したという。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る