旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

一時ファイルやディレクトリを作成するmktempコマンドの使い方

2018年09月13日07時55分 / 提供:マイナビニュース

HowtoForgeに9月11日(米国時間)に掲載された記事「Linux mktemp Command Tutorial for Beginners (5 Examples)」が、一時ファイルや一時ディレクトリの作成に利用されるmktempコマンドの使い方を伝えた。

mktempはシェルスクリプトなどで使われることの多いコマンドで、作成したファイルやディレクトリのパスが出力されるため、出力を変数に代入するなどして利用されることが多い。

mktempコマンドは衝突することのない名前でファイルやディレクトリを作成する。このため、シェルスクリプトで一時ファイルを作成する場合に使われることが多い。なお、引数に指定された名前の最後にXの文字があった場合、Xはランダムな文字に置き換えられてファイルやディレクトリが生成される。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る