旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

宇宙に吼えろ! 新型固体ロケットブースター「SRB-3」燃焼試験取材 第2回 カギは国産化と簡素化 - 先代から大きく進化を遂げた「SRB-3」

2018年09月07日08時46分 / 提供:マイナビニュース

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年8月26日、新型の固体ロケット・ブースター「SRB-3」の地上燃焼試験を実施した。SRB-3は、開発中の大型ロケット「H3」のブースターや、改良型の「イプシロン」ロケットの第1段に使われる予定で、今回の試験を経て、さらに設計を煮詰め、あと2回の燃焼試験を実施。そして宇宙へ挑む。

第1回では固体ロケットの概要と、日本のロケットが固体ロケットをブースターとして採用し続けている理由について解説した。第2回では、今回燃焼試験が行われたSRB-3の概要や、先代となるSRB-Aとの違いや改良点、それらが実現した背景などについて解説する。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る