旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

東大謎解き本100万部へ、一番驚いたのはメンタリスト・DaiGo

2018年09月04日06時00分 / 提供:マイナビニュース

フジテレビ系バラエティ番組『今夜はナゾトレ 2時間SP』が、きょう4日(19:00~21:00)に放送。人気の謎解き問題「東大ナゾトレ」を作成する東京大学の謎解き制作集団「AnotherVision」代表の松丸亮吾さんが、見どころを語った。

今回は、長嶋一茂&石原良純、有田哲平&森泉、柳原可奈子&叶美香、タカ&丸山桂里奈、トシ&宇治原史規というペアが参戦。長嶋・石原ペアは、序盤から2人の意見が対立し、分裂の危機が訪れる。

そんな中、「そっくりさんナゾトレ」「メイクナゾトレ」に、偉人の子孫が登場する「家系図ひらめきナゾトレ」や、加藤一二三が“元気が出る名曲”の歌詞を読み上げ、そのタイトルを当てる「元気が出る歌No.1ナゾトレ」などに挑戦。一進一退の攻防戦をへて、勝負の行方は最終ステージ「東大ナゾトレ」に持ち込まれる。

いつも以上に自信作の問題を用意したというAnotherVision。松丸さんは「『そろそろまた新しいことをやりたいね』とみんなで考えていたところだったのですが、(コーナー開始)52回目となる今回のスペシャルでそれが叶いました。ちょっと難しいかもしれませんが、ぜひチャレンジしていただきたいですね」と語る。

「東大ナゾトレ」の本は関連書籍の第6巻が発売され、1巻からのトータル発行部数が100万部に迫る勢いだが、「誰よりも兄(メンタリストDaiGo)が一番驚いていました(笑)。僕はもともと9つ上の兄の背中をずっと追っていたのですが、彼は僕が中学生くらいのときからテレビに出始めて…。それを見ながら『僕にできることはなんだろう?』とずっと考えていたのですが、それでたどり着いたのが“謎解き”だったんです。それがこうやってかたちになっているのは、すごくうれしいですね」と喜びをコメント。

小学生の間で“東大ナゾトレ”が人気になっていることについては「予想以上の反響でびっくりしています!」と驚き、「今の(ナゾトレ好きの)子供たちが僕を見る目って、昔の僕なんですね。そういう子たちが大きくなって、10年後はさらにおもしろい謎解きの番組ができているのではないかと思うと、すごく楽しみですね。その時は、ぜひ解く側で出たいです(笑)」と希望を述べた。

(C)フジテレビ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る