旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

声優・森久保祥太郎がヴィムスを退社、新事務所のアドナインスを設立

2018年09月01日17時16分 / 提供:マイナビニュース

『Persona4 the ANIMATION』花村陽介役、『弱虫ペダル』巻島裕介役などで知られる声優の森久保祥太郎が8月31日付で所属事務所のヴィムスを退所し、9月1日より新事務所のアドナインスを立ち上げることを自身のブログにて発表した。

森久保は自身のブログにて「いつも応援いただいている皆様へ」という記事タイトルにて退所と事務所の設立を報告。「約17年前、役者はたった一人でスタートした事務所ですが、大切に育てていただき、そのご恩に報いるべく、後に入ってきた後輩達との縁は大切に育んできたつもりでおります。そんな中、今後の自分の人生を考えた折に、今一度、1からスタートしたいという想いが溢れました」と今回の経緯を説明していった。

続けて「何の不満も不自由も無い環境でお世話になってこられて、その上、たくさんの頼れる後輩達が育ってきた今こそ、次のステップを目指すべきタイミングだと思い、社長に相談し、ご理解を得る事ができました」、「ならびに、今までヴィムスに所属していた自分を応援してくださった皆さんにも、多大なる感謝の気持ちと共に、今後も、ヴィムスの役者の皆さんへの変わらぬ応援を、そして、今後の森久保も応援いただければと思います」とコメントを残した。

なお、以前まで使用していたオフィシャルブログ「Show must go on・・・」やTwitterは9月30日23時59分をもって閉鎖し、新ホームページやTwitterに以降する。

森久保祥太郎(もりくぼしょうたろう)。1974年2月25日生まれ。東京都出身。主な出演は『Persona4 the ANIMATION』花村陽介役、『NARUTO』奈良シカマル役、『弱虫ペダル』巻島裕介役、『あんさんぶるスターズ!』遊木真役など

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る