旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

実行してはいけないLinuxコマンド 第4回 Ubuntu Serverで『shred /dev/sda』を実行

2018年08月20日11時00分 / 提供:マイナビニュース

シュレッダー『shred』

UNIX系OSでは、さまざまなリソースをファイルという形で抽象化する。ディスクも「/dev/名前」というファイルとして抽象化されている。shredコマンドでディスクを対象にすれば、ディスクをシュレッダーにかけることが可能になるだろう。実際には、こんな操作をすることは一生ないと思うが、機密データが含まれたディスクを破棄したい時などに利用できるかもしれない。

物は試しだ。ここでは連載の主旨に従って実行してみよう。
Ubuntu Serverでshred /dev/sdaを実行

Ubuntu Server 18.04 LTSでshredコマンドを実行してみる。

dfコマンドで調べると、/dev/sda2が/にマウントされていることがわかる。つまり、/dev/sda2に対してshredコマンドを実行すると、/以下がズタボロの状態になるということになる。

この状態でshred /dev/sda2を実行してしばらくすると、次のようにファイルシステムエラーが頻繁に出るようになる。

この状態でいろいろなコマンドを実行してみると、キャッシュに載っていると見られるコマンドは実行できるものの、そうでないコマンドを実行しようとしたり、シェルの組み込みコマンドであってもファイルシステムにアクセスするような処理を実行しようとしたりすると、次のようにファイルシステムエラーが表示され、何も実行されないことを確認できる。システムとしてはもう使い物にならない。

shutdownコマンドでシステムを終了することもできないので、物理的に電源を入れ直してシステムを再起動する。すると、次のようにブートローダであるGrubからファイルシステムを認識できないというエラーが表示される。

Grubから操作を行ってみても、対象のファイルシステムが認識できていないことを確認できる。

『rm -rf /』を実行した時は、ファイルシステム自体は壊れずに存在していた。しかし、shredコマンドを使ってデバイスファイルを対象にしてシュレッダー処理を行ってしまうと、ファイルシステムもろとも上書きが行われるため、もはや手が付けられない状態になることがわかった。
デバイスファイルにshredを実行してはいけない

そもそもデバイスファイルに直接コマンドで操作を行うことは、ある程度仕組みがわかってきてからじゃないとしないものだ。シェルスクリプトの誤りや人為的ミスで、こうした操作をする可能性はrm -rf /よりも低いのではないかと思う。

ただし、守秘義務契約のあるデータが含まれたUSBメモリをshredで処理しようとして、誤ってメインのディスクを壊してしまう、といったことはありそうだ。特に疲れている時にこのような操作を行うとシステムを壊しかねない。デバイスファイルに対してshredを実行する時は十分に確認したほうがよい。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る