旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

通勤途中に突然トイレ…日本人の1~2割がかかっている過敏性腸症候群とは?

2009年11月16日09時00分 / 提供:マイナビニュース

IBS(過敏性腸症候群)という病気をご存知だろうか? 最近、CMやマスコミで取り上げられるようになっているので、耳にしたことがある人も少なくないだろう。通勤途中やプレゼンの直前に突然便意に襲われ、下痢や腹痛に繰り返し悩まされる症状がIBSの特徴である。だが、体質の問題とされ、病気と認識されるケースがこれまでなかったのが実情だ。

IBSについて男性2万人の実態調査を行った島根大学医学部の木下芳一氏によれば、IBS該当者は8.9%であり、若い世代に多いことが判明したという。潜在患者も含めると、日本人の10~20%がIBSにかかっているというデータもある。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る