旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

岡山の子供向け本格プログラミングスクール『iTeen』 フランチャイズ事業を10月23日スタート

2016年10月12日11時00分 / 提供:@Press

教育IT企業の株式会社Xist(読み:エグジスト、所在地:岡山県総社市、代表取締役:漆川直希)は、学習塾のノウハウを取り入れた個別指導型の子供向け本格プログラミング教室『iTeen(アイティーン)』のフランチャイズ事業を2016年10月23日(日)に開始いたします。

子供向け本格プログラミング教室『iTeen』
http://iteen.jp/

【背景】
開発者は元 岡山大学の教員で、学習塾経営の専門書も発刊する「教育のプロ」。日本の学力レベルの底上げに最も必要なものは、「プログラミング技術」の普及であるとの考えから、学習塾のノウハウとIT企業の技術を融合した「必ず身に付く」プログラミングスクールを開始しました。IT技術者の育成を目指すのではなく、「当たり前のように身に付ける技術」として、プログラミングの普及を目指しています。

旗艦店としてスタートした「iTeen倉敷駅前校」では、開校半年で60名の定員をオーバーするなど、市場の期待性の高さを感じられる反響が得られました。正式なFC募集前にも関わらず、すでに東京埼玉北海道長野新潟など日本各地から加盟のお問い合わせをいただいています。

【『iTeen』について】
『iTeen』は、学習塾のノウハウを取り入れた全国初の個別指導型の本格的なプログラミングスクールです。5才~を対象として「必ず成果を実感できる習い事」というモットーで運営されており、新しいタイプの習い事として大きな反響を得ています。

<特長>
◇元 国立大学助教が開発した、個別指導型のプログラミングスクールフランチャイズ
◇生徒一人一人に対応した“オーダーメイドのカリキュラム”
◇“ビジュアルプログラミング言語”と“本格プログラミング言語”を繋げる独自ノウハウ
◇フランチャイズ事業を支える業界随一のIT管理システム・マーケティングノウハウ
◇大手学習塾FCにおいて日本1位・2位の売上を独占した経営ノウハウをIT教育事業に活用
◇圧倒的な集客性(開校半年で生徒60名以上、イオンモールイベント参加者300人以上)。
 モデル売上:生徒70名で年間営業利益670万円の収益性を確保。

<教室の概要>
コース :iTeenコースなど
料金  :週1回 月額 9,800円(税別)~
内容  :曜日や時間帯を自由に選べるオーダーメイドカリキュラム。
     お子様の進捗に合わせて個別に対応いたします。

【今後の展望】
フランチャイズ展開の開始により、2020年度までに全国200校の開校を目指します。また、海外展開を前提としたブランドデザインを行っており、同時並行で海外出店を行います。

<FC加盟募集の概要>
募集地域:全国

加盟金などの詳細はコチラをご覧ください。
http://fc.iteen.jp/

<次期開校教室>
・iTeen岡山校(フランチャイズ)
開校予定日:2016年12月1日

■会社概要
Xistは教育ITベンチャー企業です。「知的野蛮」を理念とし、グループ会社である株式会社ふくらすずめ(明石市)とともに、大阪府神戸市明石市岡山市倉敷市総社市に日本有数の規模(1教室当たり200名超)で学習塾を展開。学習塾向けソフトウェア開発や、開業コンサルティングを手掛ける教育総合商社です。

また、Xistでは、マイナースポーツなどの応援活動も行っており、フットサル・元セリエA・日本代表でもある永井義文選手、パラリンピック水泳 代表候補の加古敏也選手(世界ランキング7位)などのスポンサー企業です。

会社名 : 株式会社Xist(Xist Co.,Ltd)
代表者 : 代表取締役 漆川直希(Naoki Shitsukawa)
所在地 : 〒719-1125 岡山県総社市井手1123-5
設立  : 2013年10月2日
事業内容: 学習塾経営、学習塾向けソフトウェア開発
      塾経営コンサルティング、プログラミングスクールFC展開
URL   : http://xist.co.jp/
書籍  : 『世界一わかりやすい塾の教科書:
      塾ビジネスで戦うための専門知識と実践トレーニング』(Kindle)
スポンサード活動:
・元セリエA・日本代表(フットサル)・シュライカー大阪 永井義文選手
東京パラリンピック日本代表候補(日本ランキング2位) 加古敏也選手

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る