旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

鉄拳さん「声掛けでホーム事故防止を」 三ノ宮駅で一日駅長

2016年12月02日19時48分 / 提供:ジョルダンニュース!

忘年会シーズンを控えた2日、JR三ノ宮駅にタレントの鉄拳さんが登場し、一日駅長として転落などのホーム事故の防止を呼び掛けた。

JR西日本は、飲酒した乗客が増える年末年始に向けて鉄拳さんのパラパラ漫画を使ったホーム事故防止キャンペーンを展開中。飲み過ぎた乗客だけでなく、体調不良や体の不自由な人を見かけた場合は、積極的に声を掛けて線路への転落を未然に防ぐよう訴えている。

鉄拳さんは「三ノ宮駅はこれだけたくさんの人がいるので、是非、一般のお客さんにも声を掛け合ってもらいたい」と重ねて強調。一日駅長として駅前でキャンペーングッズを配り、利用客にアピールした。

併せてJR西日本は同駅で「遠隔セキュリティカメラ」の運用を始めた。利用客の「大きく蛇行した歩行」や「長時間の座り込み」など、過度の飲酒による異常の前兆を自動的に検知し、監視センターの係員に知らせる仕組み。ホーム上の事故防止だけでなく、不審物の置き去りなどのテロ対策にも役立てられるという。

これまでに大阪環状線の京橋駅と新今宮駅に導入済み。JR西日本によると、1駅あたり1日約200件の異常の検知があり、2、3日に1回程度、連絡を受けた駅員が現場で対応しているという。神戸エリアの駅での運用は初めて。2017年春をめどに西明石、天王寺、鶴橋の各駅にも導入する。

【関連記事】
鉄拳さんのパラパラ漫画で啓発 JR西日本、ホーム事故防止呼び掛け(11/16)

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュースのRSS twitterでフォローする
注目トピックス
地図やお店の検索、ニュースも読める。

マピオンニュース ページ上部へ戻る