旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ヴィーナスランブル(Venus Rumble)

2017年08月14日11時45分 / 提供:アプリ★ゲット

セクシーな女神と「濃密」に触れ合うイチャらぶハーレムRPG!対面型バトルや楽園生活を満喫 戦闘中もイチャイチャが止まらない!美女神ハーレムRPG 「ヴィーナスランブル(Venus Rumble)」は、多彩な美女神たちと楽園で生活しながらケガレと戦うイチャらぶハーレムRPGだ。ブループリント×スクウェアエニックスが手がける本格スマホRPGを先行で遊ばせてもらったので、その内容やプレイ感をレポートするよ。赤い月から現れるケガレに侵食されつつあるパラレルワールド。触れるだけでケガレを祓うという謎の力を宿したプレイヤーは、美しい女神たちともに戦い、ときに休息の日々を過ごすことになる。物語パートや女神の詳細画面には、Live2Dによる活き活きとした女神が描かれていて人気声優によるボイスが再生される。さらに、バトルでもLive2Dの女神たちが戦闘の状況によって様々なリアクションをとるようだ。バトルのルールはコマンド式かつ、キャラごとの速度差、攻撃やアビリティといったコマンドに設定されたウエイト(重さ)によって敵味方の行動順が変わる。攻撃やアビリティだけでなく、SPゲージを溜めることで発動できるキャラ固有の必殺技、効果パネルを集めて放つ「召喚」などを駆使する本格的なバトルが楽しめるようだ。 ヴィーナスランブル(Venus Rumble)の特徴はこだわりを感じる美少女ゲーム要素 ケガレを祓うマジメなメインストーリーとともに――。「ハーレム」といういかにもな名前の島で女神たちとイチャイチャして暮らす世界観が、直球でハーレムラブコメをやっていて個人的には良いなと感じた。女神たちについてもLive2Dによる活きたビジュアル、沼倉愛美さんやM・A・Oさんなどの人気声優のボイスが収録されており、ケガレ祓いや散策、プレゼントといったイベントをこなして好感度を上げる恋愛要素が盛り込まれている。これによって、個別ストーリーやちょっぴりセクシーなイベントCGが開放されるため、やりこみ度は中々に高い。バトルにおいても、女神の属性を考慮しながら速度差や使用コマンドによって効果パネルをうまく拾う戦略性が求められる。倍速やオート機能が実装されていたので物語モードを楽に周回できる点も良かった。個人的にはイフリートやラムウ、アビリティといった名称からスクエニらしさを感じたが、その繋がりから考えると召喚獣の擬人化可愛すぎやしませんか。とくに、ラムウ(幼女)は良い意味でギャップがあった。 ヴィーナスランブル(Venus Rumble)の攻略のコツ 基本的には物語パートを進めて資金や強化素材、進化素材を集め、お気に入りの女神を育成していくことになる。強化合成やアビリティの生成・装備といった部分はスマホRPGではお馴染み。散策やプレゼント、ケガレ祓いといった育成メニューは恋愛・交流要素が強く、ただステータスを上げるだけじゃない楽しみがある。慣れてきたらギルドにも顔を出し、他プレイヤーと交流しつつ聖戦と呼ばれるギルドバトルに参加してマネーを得よう。このマネーを使うことで、ドリンクとフードを購入でき、召喚で登場するパレス女神たちに貢いで仲良くなるちょっぴり大人向けの育成メニューが楽しめるようだ……(すごいシステムだな)。 全文を読む

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

関連記事

ITニュースカテゴリのその他の記事

地図を探す

今すぐ地図を見る

地図サービス

コンテンツ

電話帳

マピオンニュース ページ上部へ戻る