【ロンドン五輪】陸上男子4×100Mリレー!ボルト本気走で世界新記録、2大会連続3冠

2012年08月12日05時50分 / 提供:芸能ニュースラウンジ

 ロンドンオリンピック第16日目の11日、陸上競技は男子4×100メートルリレーが行われ、100メートル、200メートル金メダルのウサイン・ボルト(25)、同じく銀メダルのヨハン・ブレーク(22)を擁するジャマイカが、36秒84の世界新記録で連覇。アンカーのボルトは2大会連続の3冠を達成した。

 2位はアメリカ、3位はカナダだったが失格となり、4位のトリニダード・トバゴが3位に上がった。日本(山県亮太、江里口匡史、高平慎士、飯塚翔太)は4大会連続で決勝進出を果たしたが、38秒35で5位という結果に終わり、2大会連続のメダルはならなかった。

 5レーン「ジャマイカ」、6レーン「アメリカ」と、2強が隣同士というレーン配置。スタートから予想通り、アメリカとジャマイカの一騎打ち。第4走者のアンカーにバトンが渡った時には、アメリカとジャマイカはほぼ横一線。しかし、ジャマイカのアンカーはボルト。

 満員の競技場の大歓声の後押しもあり、ボルトは、バトンを受け取った瞬間からトップスピードに乗る。一気に加速すると、ワールドレコード狙いで、ゴールの瞬間には、前傾姿勢になるほど、最後まで力を抜くことなく本気の激走。

 2位のアメリカもナショナルレコードを更新する37秒04を記録したが、1位のジャマイカは、36秒84、これまでの世界記録を0秒2縮める世界記録で金メダル。

Related posts:
【ロンドン五輪】競泳男子200M平泳ぎ入江陵介、ロクテ抜き銀メダル!100%出せた 【ロンドン五輪】競泳男子200Mバタフライ松田丈志、フェルプスに100分2秒及ばす銅メダル 【ロンドン五輪】競泳男子400個人メドレー!荻野公介、あのフェルプス破って銅メダル 【ロンドン五輪】競泳男子400メートル個人メドレー予選!荻野公介、日本新で1位通過 城田優バルサ名誉ファンに!メッシら有名選手と対面

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芸能・音楽カテゴリのその他の記事