旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

年金受給年齢引き上げで急増?再就職できない中高年の特徴

2015年05月26日19時00分 / 提供:新刊JPニュース

 終身雇用制度が過去のものになりつつあり、年金制度も揺らいでいる今、自分の将来を「60歳まで勤めあげて、定年後は年金で悠々自適」などと思い描いている人はもはやほとんどいないでしょう。
 ただでさえ65歳に引き上げられた年金の受給年齢が今後さらに上がる可能性を考えると、おいそれとリタイアできない一方で、定年は確実にやってきます。高年齢者雇用安定法によって、再雇用の形で会社に残ったとしても、待遇が大幅にダウンすることも珍しくありません。そうなると、どうしても60歳、65歳といった高年齢で就職活動や転職活動をする必要が生じる可能性は高くなります。

 これまでに培ってきた経験や技術を求めている企業は多いから大丈夫?
 いいえ、中高年の就職・転職はそんなに簡単ではありません。『再就職できない中高年にならないための本』(谷所健一郎/著、シーアンドアール研究所/刊)によると、たとえ経験やノウハウ、技術を持っていたとしても、こういうタイプの人は企業側から必要とされにくかったり、自分の選択の幅を自分で狭めてしまったりするようです。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

地図を探す

今すぐ地図を見る

地図サービス

コンテンツ

電話帳

マピオンニュース ページ上部へ戻る