旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

デルタ航空、CAから整備スタッフまで6万人以上の制服を刷新へ

2016年10月20日07時00分 / 提供:マイナビニュース

デルタ航空(本拠: アトランタ)は現地時間の10月18日、ニューヨークを拠点に活躍するデザイナー、ザック・ポーゼンが手がける新ユニフォームの発表会をアトランタで開催。新ユニフォームは12月から2017年初めにかけて約1,000人が試着し、そのフィードバックによる微調整後、2018年の第1四半期から、客室乗務員、空港の地上職員、整備や空港ランプ職員など、全世界の6万人以上の接客および空港勤務の従業員が着用を予定している。

デルタ航空が客室業務員や空港の地上職員のユニフォームを刷新したのは2006年で、リチャード・タイラー氏のデザインによるものだった。整備やランプ職員など非顧客サービス部門のユニフォームを変更したのは2000年が最後となる。

関連してるっぽい地図

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュースのRSS twitterでフォローする
注目トピックス
地図やお店の検索、ニュースも読める。

マピオンニュース ページ上部へ戻る